借金 滞納 差し押さえ

借金を返済できずに滞納していると給料などを差し押さえされると聞いて、不安に思っているのではありませんか?

 

あなたもすでに支払えなくなって滞納しているのであればすぐにすべき対策があるのです。

 

借金の悩みや心配をそのまま放置しないで解決してしまいましょう。

 

借金滞納で差し押さえされないか不安を感じているのではありませんか?あなたが返済に行き詰まっているなら早くすべきことがあります。

 

借金を返せないまま放置すると消費者金融は裁判を起こします。裁判で勝訴すると給料や銀行口座の差押が可能になるためですが、そんなことになりたくないですよね。

 

借金滞納をしても差し押さえを回避する方法がありますので、一度検討してみませんか?

返済できないまま滞納するとどうなる

借金返済がもう無理になった

借金を滞納したままにしておくと、消費者金融などの金融機関は回収手続を開始します。

 

最初は督促状を送付したり、自宅や勤務先に電話をしたりすることで返済の請求をしますが、それだけでは効果がないと判断すると裁判を起こされます。

 

お金を借りる際に借用証を差し入れているため、金融機関が勝訴することは言うまでありません。

 

裁判は間違いなく負けます

このように裁判は一方的に金融機関のペースで進みます。

 

債務者である借主が裁判所に出てこないケースは多く、この場合は非常にスピーディーに裁判が進行し、債務者敗訴の判決が出てしまいます。

 

 

もし自分が出廷したとしても、お金を借りて滞納していることは間違いありませんし、督促を無視している事も事実です。

 

裁判所も債務者に対して好印象は持たないでしょうから、救済しようとは考えてくれません。

 

その前に行動しましょう

裁判になると出廷を求められたり、手続が面倒だったりしますが、そんなことになる前に何らかの対応ができます。

 

督促状が届いたら、裁判になる前に弁護士など借金問題の専門家に相談することをお勧めします。

 

時間はあまりありません。時間の経過とともに状況は悪化するばかりで良くなることがないからです。

給料や口座を差し押さえられるの?

裁判所に訴えられた

裁判に負けてしまうと金融機関は直ちに財産を調べて差し押さえの手続を開始します。

 

勤務先に給料の差し押さえをしたり、預金残高を調べて差し押さえをするのですが、自分の信用は地に落ちるし、預金から勝手に引き下ろされるので生活にも困ってしまいます。

差し押さえされるときつい

実際に給料や預金を差し押さえられると、毎日の生活に支障が生じます。

 

勤務先からは「何をしているんだ」と怒られますし、手続が必要なので会社の担当者に迷惑がかかります。預金残高はいつの間にかゼロになっているかもしれません。

 

毎日の生活をどうしようかと途方に暮れることも少なくありません。だからこそ、裁判を起こされる前の対応が大切なのです。

 

裁判の勝訴判決は効果が大きい

金融機関は借金の返済が滞ったとしても、それだけの理由で預金や給料の差し押さえをすることはできません。

 

しかし、裁判を起こして相手に債務があり、かつ返済してもらっていないことを裁判所が勝訴という形で認定すると差し押さえが可能になります。

 

こんな強力な「判決」を金融機関に持たせる前に自分で対応することは十分可能。というか誰でも思った時にすぐ解決に向けて動き出すことができます。

差し押さえられて家族への影響は

借金裁判と家計

自分の借金は家族が連帯保証人になっていない限り、奥さんや親兄弟に迷惑が及ぶことはありません。

 

裁判で金融機関に勝訴判決が出ても同じことです。

 

直接影響はありませんが…

もっとも、裁判所から出頭命令が届けば、家族が心配することは当然ですし、奥さんに内緒で借金をしていたのであれば、家庭不和の原因になるでしょう。

 

裁判になっても自分だけで解決すればいいやとのんびり考えていると、とんでもないところで問題が生じかねません。

 

裁判になってしまう前に対応する必要がある原因の一つではないでしょうか。

 

お金がなければ家族も無関係ではありません

いくら連帯保証人になっていないとはいえ、自分の家族が裁判の被告人となり、借金滞納で訴えられていると聞けば黙っていられないでしょう。

 

自分に少しでも返済能力があれば、すぐ返しなさいと言われるでしょうが、お金がなければ家族も放置しておけないと、返済額の立て替えをするかもしれません。

 

こんなことになる前に何らかの手段を取ることで、家族に迷惑をかけずに借金問題を解決できるのです。

差し押さえを逃れられる方法とは

借金生活と普通の生活の分かれ道

このように金融機関から借金の滞納で訴えらせると大きな問題になります。

 

ただ単に敗訴するだけではなく、差し押さえの許可が出ることで自分の信用まで無くしてしまうのです。

 

しかし、訴えられる前に弁護士さんに相談をすることで差し押さえを回避することができますし、返済額も軽減することが可能です。

 

早めに弁護士さんに相談しましょう

督促状が金融機関から届いたら、それは一種の赤信号です。

 

督促状の文面も「早く返さないと訴えて差し押さえをします」と脅し口調ですから、こんな怖い手紙が届いたら、弁護士さんにすぐ相談しましょう。

 

弁護士さんの中には債務整理のプロがいて、金融機関と借金の減額ができないか交渉をしてくれるのです。

 

もちろん家族にも内緒ですし、交渉が始まれば金融機関は裁判を起こすことはできず、誰にも迷惑を掛けません。

 

早めに相談すれば負担も軽い

借金の滞納を放置していると利息が膨れ上がってしまい、返済しきれなくなります。

 

債務整理の専門家である弁護士さんも、どうしても返済できないほどの債務に膨れ上がると自己破産という最後の手段を使うしかなくなります。

 

しかし、自己破産をすると官報に住所と名前が載り、一生消えない汚点となってしまいますし、ヤミ金や詐欺師の絶好のターゲットになってしまいます。

 

早めに債務整理専門の弁護士さんに相談することで、もっと軽い債務整理である任意整理という方法を取ることができます。

 

家族にも勤務先にも内緒で金融機関と直接交渉をしてくれますし、費用も一つの金融機関に対して4万円ほどと安いです。

 

裁判になったり、自己破産になったりして辛い思いをする前に弁護士さんに相談してみませんか?

 

名前を記入する必要がない簡単無料メール相談

匿名・無料で手軽にできるメール法律相談はこちらの街角相談所。24時間いつでも受け付けていて現状を伝えれば自分に最適な解決法をアドバイスしてもらえます。


本名ではなくニックネームでも良いので仮名と都道府県名を入力すれば借金問題を解決してくれる最適な法律事務所を全国から探してもらえます。


借金を減らす手続きをしてくれる法律事務所や司法書士事務所を比較することもできるのです。


紹介された事務所へ実際に債務整理を任せるかどうかは、話をしてあなたの疑問を解決してからにするのがベスト。納得いかないままで依頼する必要はありません。


●匿名、無料、簡単にその場でわかる ……… 街角相談所-法律-のメール診断

 

ヤミ金の被害にあっている方へ

家族や職場に取り立てをすると脅されたり、返済したはずが入金してないと難癖をつけられたりした。携帯でやり取りするだけで店舗も顔もわからない。そういう業者はきっと闇金融です。


一般的な法律事務所、司法書士事務所ではヤミ金被害に対応していない事務所がほとんどです。多くの弁護士事務所などでは借金問題の中でも闇金融に対しては敬遠し積極的に取り組んでいる弁護士は多くありません。


なぜかといえば非合法の貸金業をしている相手ですから一筋縄では行かない曲者だからです。ヤミ金業者と対決するには専門のノウハウと違法業者に負けない胆力、熱意が必要です。


そんな弁護士はたくさんはいませんし、闇金に積極的に取り組んでいる業者は経験、実績豊富な弁護士ばかりです。


ヤミ金などの被害にあわれてお困りの方は、以下のヤミ金被害救済を行っている実績豊富な事務所に依頼されるのがおすすめです。もちろんメールの無料相談ができますから、現状を伝えてみてください。


●ヤミ金相談実績ならトップクラスで全国対応 ……… Duel法律事務所ヤミ金メール相談